外構フェンスのお手伝い

先日引き渡した「サーファーズハウス」今日はセルフ工事のお手伝いに伺いました。

土留めと安全な囲いを兼ねたアイデアあふれるフェンスです。

今日までに、オーナーWさんがほぼ一人で2m程の柱を70〜80cmほど埋め込み、角材を4段積みました。慣れない土木作業は相当キツかった様です。

それらの材料は、柱も土留め材も、市販のツガ防腐土台(90角×4m)で、1本2000円程で購入したモノ(B級品ですが、大変お買い得!)

その柱に高さを揃えて、ネットフェンスを取り付けます。

フェンスはスチール製ドブ付けメッキの既成品(1800×900)で、1枚で5800円程とのこと。

つまり労力を除けば材料は1.8m当たり、1万円程です。

道路面から一定の高さに糸を貼り、二人でどの当たりがイイか眺めながら、位置と高さを決めて、U型のステンレス製サドルバンドで止め付けます。

高さは微調整しながら、サドルを一つずつ、ビスでしっかり固定していきます。

思ったより、とてもイイ感じ!

ワイルドですが、ナチュラル感もあるし、将来の緑化が映えるでしょう。

Wさんも本職でもないのに、どんどんプロの職人の様な風貌になっていくから面白い。

こちらのデッキも(僕が知らないうちに)自分で考えて、試行錯誤しながら作り上げた様です。もう立派な大工さんです。

 

日が暮れてきて、後ろ髪を引かれながら帰路につきましたが、

その後「満足感いっぱいです」って、現場の写真と共にLINEをくれて、すごく嬉しかった!

「モノを作る作業っていうのは、日々充実感いっぱいですね、ゆっくり楽しんで下さい。」と返しました。

帰路、道ばたで、とても不思議で幻想的な光景に出会いました。

キレイに育ちつつある畑の中に、ポツンと二つの行灯(あんどん)。虫除けなんでしょうか?

どうして行灯を付けているのか分かりませんが、夕焼けと相まってとても美しい風景で、思わず車を停めて眺めていました。

 

「やっぱりモノ作りは、すごいアイデアにあふれているんだなぁ、そして美しいモノなんだなぁ」って・・・(^^;


次の日、WさんからまたまたLINE

「角材の下に石をつめてみました」って・・・

これで水はけと、防草の一石二鳥!

キレイだし・・・すばらしい!!