チェントアンニ

che-1.jpg

共同住宅
鉄筋コンクリート構造、8階建て
延床面積 1312.05平米
外観はブルックリンの裏通りをイメージしました。
時が経った味わいを演出するため、窯変のレンガタイルと黒さびの鉄部(リン酸亜鉛皮膜)がポイントです。
形態もボクシーでありながら、最上階に高さと勾配を持たせ、豪華なペントハウスをイメージしています。避難階段などもけっして”裏方”では無く、繊細にデザインに取り入れています。
内部は一歩踏み込むと、外部からは想像できないポップでカラフルな世界です。
各戸や共用部がそれぞれ違ったテーマやコンセプトを持った、バラエティのある内装となっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です