今年もよろしくお願いします!

nenga16.jpg
今年の年賀状です。
吹き抜けの家はいくつか作って来たのですが、
大きくても小さくても、高すぎてもダメ・・・中々バランスが難しいものです。
心地よい高さのヒントをお話しすると・・・
床から目線の高さと目線から天井の高さの”比”が重要です。
この家の場合、一番高い南の高さで5.0mの天井高さです。
床から目線の高さを1.5mとすると、
目線から天井まで3.5mとなり
目線から床:目線から天井は1:2.3程度となります。
いくつかの吹き抜けを作って行きながら、この”比”は
1:2程度が気持ち良いのではないかと考えていますし、施主にもそう説明しています。
ひつの、検証ですが、
床にべたっと座ると、その目線の高さは70cm程度になり
比は70cm:4.3mで1:6となって
「高すぎるかなー」って感覚ですね(^^:;
空間デザインの言葉で言うと
「ヒューマンスケール」ってヤツですね・・・
どうでしょう、皆さん、吹き抜けを作るときは、
目線から下と上で、1対2を一つのたたき台として、検討してみて下さい!
またまた

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です