その後の外構工事

news090205-2.jpg
前回のブログ記事の続き・・・
植栽工事が完了しました
建物周囲の少ない空地を「リュウノヒゲ」や「ヘデラ類」、唯一の高木は今回オーナーの要望でジューンベリーという落葉樹です
この木、苗木は多く見受けますが、ちょっとした成木がなかなか無くて苦労します
やっとさがした一本が樹高2.5m、幹廻りが12cm程度か・・・
「株立ちがいいかな」と思っていましたが、ちょっとボリュームがありすぎるので、単木ですが、スッキリした建築には合うと思います
名の通り6月に実を付け、うまくすると食べられるようです
今は、新芽がいっぱいついていて、春が待ち遠しいですね・・・
news090205-1.jpg
よく見ると、カマキリの卵が付いていました
帰って調べてみると、色や形から「チョウセンカマキリ」の卵か?
ボクはこれまた”春の”楽しみがひとつ増えましたが、このこと・・・オーナーの奥様に知らせるべきかどうか・・・悩みどころです・・・
「この木はどこから来たのか・・・」ますます興味のわく出来事となりました

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です