グレーチングテラスその2


現在まで、グレーチングのテラスを何度か造っています
昨日、世田谷のTa邸でその部分が完成し、出来栄えを検査に行きました

まずまずの出来です・・・第一に、1階のおばあちゃんの為のパティオや部屋に、十分光と風が落ちていること・・・十分な強度、安全性があること・・・のびやかで、スッキリしたフォルムとディテール
よかった、よかった
スチールフレームは柱、梁ともHの100角で、建築本体への受けは溝型の100*50
柱間にブレースが林立すると少々、うっとうしいので、水平ブレースを十分に入れて、強化しています。スチールフレームは高耐候性で肉の厚いのウレタン塗装、ブレースは塗り替えると、汚らしくなるので、ステンレス鋼で製作しました。グレーチングは溶融亜鉛メッキ素地で、亜鉛の付着量を指定しています
仕様は割付と、スパンを考慮し、かつ光と風が十分に抜けるようにFB25 t3の30ピッチです。一枚は1120*2910でトータル5枚、結構広いですよ

グレーチングの上に、引いているのは(ちょうど真下が玄関への通路の部分なのですが)ポリカーボネート板で、これまた、今まで吟味したディテールでステンレスの金物で、グレと連結し、目地及び壁際をコーキングしています。ポリカの仕様は、t5の片面フロスト。フロスト面を上にして、少しでも、降雨時の滑りを防いでいます

ああ、早くバーベキューしてビール飲みたいなー(催促?)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です